マイカーローンの審査に申し込むときに必要なこと

申し込み資格について

マイカーローンを組むには、いくつかの『申し込み資格』があります。この資格をクリアしないことには、審査に通らないどころか申し込むことさえできません。さまざまな申し込み資格がありますが、一般的な資格は『20歳以上70歳未満』『安定継続した収入がある』『無担保借入の合計が年収の50%以下』『他社の借入額と合わせて年間の返済額が年収の40%以内』『保証機関の保証を受けることができる』などが挙げられます。年齢は、申し込み時に20歳以上であり、完済時は70歳未満であるところがほとんどです。なかには65歳未満などローン会社によって年齢が違いますので気をつけてください。

これらの条件に当てはまる方は、マイカーローンの申し込みが可能です。もちろん、『申し込みが可能』というだけであって、審査に通るというわけではありません。お間違えのないようにしてください。

必要な書類

マイカーローンを組むときには、いくつかの書類を準備しなければいけません。1つでも抜けていると申し込みができませんので気をつけましょう。

まず、本人確認ができる書類を用意します。運転免許証やパスポートなどです。所得に関する証明書、所得証明書や源泉撤収票、納税証明書、確定申告書などを準備します。これらのうちひとつで構いません。自動車の購入を証明できる書類は、注文書、見積書など。現住所の確認が必要になりますから、住民票も用意しておきましょう。ディーラーのマイカーローンを利用した場合、細かい準備はディーラー側が行ってくれますが、本人確認の書類や所得に関する証明書などはきちんと用意しなければいけません。

ローンに落ちてしまう理由

ローンに落ちやすい人の条件や特徴は、『勤続年数』『年齢』『延滞や遅延』『年収』などが主に挙げられます。勤続年数が短いと、マイカーローンに限らず他のローンでも組むのが難しくなります。最低でも1~3年を超える期間同じ会社に勤務していることが必要です。年齢は、20歳以上。延滞や遅延はローンを組むうえで大きな問題になりますので気をつけましょう。年収は低いと審査に通りにくくなります。

火災保険比較コンシェル
人気の火災保険はどれ?おすすめランキング