マイカーローンを申し込む前にチェックしたいと

一番重要なのは信用情報?

マイカーローンに限らず、信用情報はローンを組むうえでとても重要になります。そのため、信用情報に傷がついていると、どうしても審査に通りにくくなってしまいます。信用情報とは、自身の過去・現在のローンに関する情報になります。この信用情報は、クレジットカードやキャッシング、住宅ローンなどを利用すると必ず記録されますから、ほとんどの方が信用情報に登録されています。ですから、信用情報に登録されることは特に問題になりません。しかしこの信用情報に傷がついていた場合、いわゆる債務整理をしたことがある、延滞や遅延があるなどがあると、マイナス情報として登録されてしまうというわけです。

ちなみに、登録される期間は5~10年程。延滞や遅延の場合、1年程といわれています。

有利な年齢とは

年齢も審査基準のひとつになりますから、20歳を過ぎていれば誰でも審査に通るというわけではありません。一般的に20歳以上から申し込みができますが、20代前半までは新入社員であることが多く、勤続年数が短いため審査に通りにくくなるといわれています。また収入も安定していませんから、どうしても審査通過は難しいでしょう。逆に60歳以上の方も、返済能力に欠けるため審査に通りにくいといわれています。

そのため、審査にもっとも有利な年齢は30~50代までになります。もちろんこの年齢であれば必ず審査に通るというわけではありません。あくまで基準ですので、年齢以外に信用情報や年収、勤続年数なども大きく関係してきます。

有利な勤め先

審査で有利になる勤め先があります。もっとも審査に通りやすい会社は、大企業・弁護士・医者・公務員などです。評価が高くなりやすく、審査の際とても有利になります。一方で評価が低くなりがちなのが中小零細企業・個人事業主・フリーター・派遣社員・アルバイト・パートです。しかし評価が低くなるからといって審査に通らないわけではないので安心してください。