頭金によって違う?マイカーローン審査の違いについて

頭金で審査に通りやすくなる?

頭金の有無によって、マイカーローンの審査に通りやすいかが決まってくるといわれています。頭金を用意すると、マイカーローンの融資額が減るからです。たとえば200万円の車を購入する場合、すべてマイカーローンでまかなおうとすると200万円のローンを組むことになります。しかし、頭金を用意しておけば、その分がマイナスになります。150万円の頭金を用意していた場合、ローンは50万円で済みます。よって、審査に通りやすくなるというわけです。

ですから、少しでも審査に通りやすくしたいのであれば、頭金を用意しておくと良いでしょう。もちろん、頭金を用意していないから審査に通りにくくなるというわけではありません。

どれくらいの頭金が必要?

では、どれくらいの頭金が必要なのでしょうか?いくら頭金を用意すると審査に通りやすくなるといっても、少額しか用意できない場合、それほど有利にはなりません。たとえば、200万円のローンに対し10万円程度の頭金だった場合、1~2万円程度の手付金のような金額でも審査に通りやすくなるからです。となると、頭金はある程度あったほうが良いということになります。そもそも頭金は、融資額に対し『足りない信用を補うこと』になりますから、200万円のローンなら100万円の頭金は用意しておいたほうが良いでしょう。

どれくらいの頭金が必要になるか断定はできませんが、ディーラーでマイカーローンを組む場合、頭金の有無によって審査に影響することは事実です。

銀行のマイカーローンには不利?

頭金を支払ってマイカーローンを申し込む場合、借入先によっては不利になることもあります。それが銀行のマイカーローンです。頭金を用意してマイカーローンを申し込むのに有利になるのは、先にも述べたように『ディーラーのマイカーローン』になります。銀行の場合、ほとんどが頭金が通用しないといわれています。ただし、銀行のマイカーローンでディーラーローンの頭金を用意することは可能です。